FC2ブログ

2009年12月08日(火):17時44分

Pixia覚え書き:縁取り文字を作る4つの方法(1)

Pixiaで縁取り文字を作る4つの方法を紹介します。

今回は、レイヤを2枚使い「領域を太らせる」を使った、一番シンプルな方法を紹介します。

web拍手 by FC2

「領域を太らせる」を使う、シンプルな方法

参考サイトは↓です。
pixiaで自分の書いた文字に縁をつける方法を教えてください(Yahoo知恵袋より)

ベストアンサーの回答を参考にしながら、縁取り文字を作っていきます。

手順は、

  1. 新規にレイヤを2個作る。
  2. 手前のレイヤ(レイヤパネルの画面上では下にある方)に文字を入れる。
  3. 上にあるボタンの[■領域]ー閉領域で、2で書いた文字を選ぶ。
  4. メニューの「領域」から「領域を太らせる」で好きな太さまで領域を太らせる。
  5. 奥のレイヤ(レイヤパネルの画面上では上にある方)を縁取りしたい色で塗りつぶす。
  6. 領域を解除する。

です。

図で示すと、こんなイメージです。 【図】「領域を太らせる」を使う方法のイメージ

ちなみに、Pixiaのバージョンは3.3kです。

1.新規にレイヤを2個作る

まずは「ファイル」メニューから「新規作成」をクリックして、適当な大きさのキャンバスを作成します。今回は256px×256pxの正方形のキャンバスにしました。
【図】新規キャンバスを作成する

つぎにLパネルの「編集」ボタン「追加」をクリックして、フルサイズのレイヤを追加します。
【図】レイヤを1枚追加する

これで、レイヤが「LAYER0」と「LAYER1」の2枚になりました。

2.手前のレイヤ(レイヤパネルの画面上では下にある方)に文字を入れる

つぎに手前のレイヤ=「LAYER1」に文字を入れます。

今回はフリーハンドで描いてみました。
【図】「LAYER1」に文字を描く

縁取りの中の色で描きます。中の色を白にしたい場合は、後で変更できるので、とりあえず適当な色で描いておきます。

3.上にあるボタンの[■領域]ー閉領域で、2で書いた文字を選ぶ。

つぎに、ツールバーの「[■領域]ー閉領域」ボタンを押して、閉鎖域選択モードにします。
【図】「[■領域]ー閉鎖域」ボタン

複数の場所を選択する時は、キーボードの[Shiftキー]を押しながらクリックすると複数選択ができます。
【図】文字部分を領域選択する

4.メニューの「領域」から「領域を太らせる」で好きな太さまで領域を太らせる

つぎに、ファイルメニューの「領域」メニューから「領域を太らせる」をクリックします。

太らせる度合いを入力します。数字が大きいほど、縁取りが太くなります。今回は度合いを3にしました。 
【図】領域を太らせる度合いを入力する

OKボタンを押すと、領域が広がります。 
【図】領域が広がる

5.奥のレイヤ(レイヤパネルの画面上では上にある方)を縁取りしたい色で塗りつぶす

領域を選択した状態のまま、奥のレイヤ=「LAYER0」をクリックして、アクティブな状態にします。 
【図】「LAYER0」をアクティブにする

つぎに、縁取りしたい色を選択し、ツールバーの「■塗りつぶし」ボタンを押して、塗りつぶします。
【図】「■塗りつぶし」ボタン

とりあえず黒で塗りつぶしました。
【図】縁取りの色で塗りつぶす

6.領域を解除する

「領域解除」ボタン、または「領域」メニューの「選択解除」で領域を解除します。
【図】領域を解除する

中の文字の色を変更したい場合

中の文字の色を変更したい場合は、LパネルのT字のボタンをクリックして、透明色保護モードにします。
【図】LパネルのT字ボタン

下の図のようになると、透明色保護モードになり、文字以外の部分=透明な部分には描画できなくなります
【図】Tボタンをクリックして、透明色を保護する

この状態で、好きな色で塗りつぶすと、文字の色だけを変えることができます。ためしに、白で塗りつぶしてみました。
【図】中の文字の色を白に変えた

縁取りの色を変更したい場合

縁取りの色を変更したい場合、縁取り以外の白い部分が透明ならば、中の文字の色変更と同じく透明色保護モードを使って色を変えることができます。

ただし、今回は「LAYER0」=新規作成したキャンバスのベースレイヤに縁取りを描画したので、透明色保護モードが使えません。

なぜかというと、「LAYER0」=新規作成したキャンバスのベースレイヤは白い部分が透明ではなく白で塗りつぶされた状態だからです。

なので、今回は透過色プレーンを使って色変えをします。

  1. 「LAYER0」をアクティブにして、Lパネルの「画像」ボタン→「プレーンの追加と削除」をクリック
  2. 「追加と削除」画面で「透過色追加」ボタンをクリックして、「閉じる」ボタンをクリック
  3. ファイルメニューの「画像」メニューから「チャンネル間のコピー」をクリック
    【図】チャンネル間のコピー
  4. 「コピー元」を「明度」、「コピー先」を「透過色1」にしてOK(下のチェックは2つともはずす)
    【図】コピー元とコピー先の設定
  5. 「LAYER0」を好きな色で塗りつぶす

★注意★この方法を使う場合、最初の縁取りの色は必ず、それ以外の部分はでないといけません。

で、縁取りの色を赤で塗りつぶしてみました。
【図】縁取りを赤に変更

グラデーションで塗りつぶすこともできます。
【図】縁取りをグラデーションに変更

そのほか、テクスチャや写真などを貼り付けることもできます。

「領域を太らせる」を使って文字を縁取る方法・まとめ

ポイントは、

  1. 「領域を太らせる」を使う。
  2. レイヤを2枚使う。

あらかじめレイヤを2枚とも透明にしておけば、Tボタンクリックで「透明色保護モード」にして文字・縁取りの色のみ変更することも可能です。

ただし、レイヤが透明でない場合は、色変更は若干面倒になります。

それを除けば、一番シンプルで分かりやすい方法だと思います。

次回は「レイヤ2枚でマスクを使う方法」を紹介します。

★このシリーズをPixia講座にてまとめ記事にしました。Pixiaで縁取り文字を作る4つの方法

タグ : Pixia Pixia覚え書き 文字入れ Pixia豆知識

関連記事・新着記事

Loading...

コメント

コメントを書く


カテゴリ
最新記事
広告


Twitter
RSS
ND!気まぐれ日記のRSSフィード
リンク
Special Thanks

[猫カフェ]futaha

with Ajax Amazon

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去ログ

2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【1件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【2件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【2件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【3件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【3件】
2012年 01月 【3件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【6件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【7件】
2011年 05月 【8件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【1件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【3件】
2010年 02月 【2件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【9件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【11件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【12件】
2009年 06月 【13件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【7件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【13件】
2009年 01月 【13件】
2008年 12月 【12件】
2008年 11月 【12件】

検索フォーム
タグクラウド